まずは小児科看護師の求人の現状を知ることからはじめよう

子どもと保護者を支える小児科看護師になりたい!

小児科看護師の求人の現状

小児科看護師の求人の現状

ここでは小児科看護師になりたい人に向けて、求人の現状や探し方について詳しくまとめていきます。人気がある小児科は倍率が高めですが、求人数は多いためチャンスもたくさんあります。

小児科の求人は全体の2割ほど

看護師は人手不足ということもあって求人数自体が多いのですが、その中でも小児科は求人全体の20%弱を占めています。他の診療科に比べると求人数が多い分、転職のチャンスもたくさんありますが、だからと言って転職しやすいわけではありません。小児科を希望する看護師の数が多い割に採用枠は少ないため、非常に倍率が高くなっているからです。なぜ小児科はそれほど倍率が高いのでしょうか。
それには少子化問題が大きく関係しています。日本は今、高齢者が多く若者が少ない少子高齢化の時代です。子どもの数そのものが少なくなっているため、小児医療のニーズも減少傾向にあります。小児科看護師の募集が減少しているにもかかわらず、希望者ばかりが増加しているため倍率が高くなってしまうのです。

求人の探し方

倍率が高い小児科看護師の求人を探す方法はいくつかありますが、おすすめは「求人検索エンジン」と「看護師専門転職サイト」です。一度に大量の求人をチェックできる求人検索エンジンと、求人探しから入職後の手続きまで求職者を手厚くフォローしてくれる看護師専門転職サイトなら効率良く求人が探せます。
どちらも求職者にとっては便利な方法ですが、「忙しくて求人を細かくチェックできない」「自分に合う求人が見つからない」などの場合は看護師専門転職サイトがおすすめです。個人では知り得ない病院の内部情報を詳しく教えてくれたり、条件の良い非公開求人を紹介してくれたり、転職成功に向けてさまざまなサービスで求職者をバックアップしています。

転職成功のポイントは志望動機の書き方

好条件の求人を紹介してもらえても、応募書類や面接に不備があれば採用には至りません。転職を成功させるためには「なぜ小児科看護師になりたいのか」志望動機をしっかり考えておきましょう。「条件が良いから」という理由では競争率が激しい小児科で成功を掴み取ることはできないでしょう。
志望動機は応募書類や面接で必ず聞かれる項目です。他の看護師との差をつける部分にもなるのでしっかりと考えておきましょう。志望動機の例文をまとめた記事を下記に紹介するので参考にしてみてください。

小児科看護師への志望動機例文をご紹介
他の診療科から小児科への転職、ベテラン看護師向け、新人看護師向け、とさまざまなパターンの志望動機が紹介されています。
はたらきナース画像

小児科看護師を目指すなら